反歌







このエントリーをはてなブックマークに追加

『反歌』
反歌とは、長歌のあとに詠み添えられた短歌のことをいいます。かえしうたともいいます。
内容は長歌と同様ですが、長歌の持つ意味を適切にまとめたものとして、成立しました。そのため、古い長歌には反歌の現存しないものもあり、また反歌が旋頭歌の形式のものもあり、多岐に渡りました。
反歌は万葉集に例が多く、1首だけではなく、数首ある場合もありました。
柿本人麻呂等の歌人の反歌には、長歌のまとめだけではなく、その内容に長歌からの独立性も見られました。

■短歌の検索傾向
 グーグルインサイトでの検索傾向は以下の通りです。一年中、特に傾向はつかめませんでした。