旋頭歌(せどうか)







このエントリーをはてなブックマークに追加

『旋頭歌(せどうか)』

旋頭歌は和歌の一種です。
長歌や短歌とともに、奈良時代以前からの和歌として知られます。
五・七・七・五・七・七拍という繰り返しのような韻律となるのが特徴です。そのため、双本歌といわれることもありました。
旋頭歌は万葉集に収められているものが殆どで、万葉集には62首がみられます。
このような歌の形式としては、後に今様が発展しました。

■短歌の検索傾向
 グーグルインサイトでの検索傾向は以下の通りです。一年中、特に傾向はつかめませんでした。