小倉百人一首







このエントリーをはてなブックマークに追加

『小倉百人一首』
藤原定家が、自身が選抜した百人の歌人の百首の歌を、藤原北家道兼流の貴族宇都宮蓮生が所有した嵯峨野「小倉山荘」の襖の色紙に、装飾用として描いた物のことです。

■短歌の検索傾向
 グーグルインサイトでの検索傾向は以下の通りです。一年中、特に傾向はつかめませんでした。