三十六歌仙(さんじゅうろっかせん)







このエントリーをはてなブックマークに追加

『三十六歌仙(さんじゅうろっかせん)』
三十六歌仙は、平安時代の貴族藤原公任の著した『三十六人撰(にんせん)』に記載された、和歌に秀でた歌人36人を総称していう言葉です。
三十六歌仙として挙げられた歌人は、小野小町、山部赤人、大伴家持、在原業平、柿本人麻呂、猿丸大夫、 僧正遍昭、紀貫之、壬生忠岑、紀友則、凡河内躬恒、清原元輔、伊勢、中務、藤原兼輔、藤原興風、藤原敏行、源公忠、源宗于、素性法師、藤原朝忠、藤原敦忠、藤原元真、源重之、大中臣頼基、坂上是則、斎宮女御、源信明、藤原清正、藤原高光、小大君、藤原仲文、大中臣能宣、源順、壬生忠見、それから平兼盛の36人です。

■短歌の検索傾向
 グーグルインサイトでの検索傾向は以下の通りです。一年中、特に傾向はつかめませんでした。