後撰和歌集(ごせんわかしゅう)







このエントリーをはてなブックマークに追加

『後撰和歌集(ごせんわかしゅう)』
後撰和歌集は第2番目の勅撰和歌集で、三代集の1つです。全20巻で、1425首から成ります。
藤原兼輔、紀貫之、伊勢といった古今和歌集に登場した歌詠みだけではなく、藤原師輔を始めとするより位の高い公達や、右近や中務などの、公達の姫の世話をする女官で中流貴族の女(むすめ)など、より同時代の歌人の短歌も多く収録されました。

■短歌の検索傾向
 グーグルインサイトでの検索傾向は以下の通りです。一年中、特に傾向はつかめませんでした。